▼ご予約・お問い合わせ
お電話の前に!初めてのお客様は、こちらをご覧ください。

※こちらは予約専用の番号です。営業・勧誘等のお電話はご遠慮下さい。

予約の手順

お電話での予約時には下記の項目を伝えていただけるとスムーズに予約ができます。


1. 希望日時
 (○月○日○○時○○分)
2. 希望コース
 (コースが分からない場合は希望の所要時間)
3. お名前
 (フルネーム)
4. メンバーズカード番号
 (カードが無い場合はなし)
▼スマホからタップすると電話がかかります。

※こちらは予約受付専用の番号です。営業・勧誘等のお電話はご遠慮下さい。

【東伏見店】


電話受付 午前10:00~午後8:30

お電話の前に必ずご覧下さい。

・施術を受けないという選択肢もあります。

1. 施術を受けて痛くなり、強いトラウマがある
2. 男性に対して不安感や恐怖感がある女性
3. カルテに個人情報を絶対に書きたくない

上記の事が当てはまる方は、今、本当に施術が必要か考えてみて下さい。 個人情報を絶対に知られたくない場合は、自分の事を知られたくないような相手に施術で身体に触れられるので、そのような精神状態では最初から上手くいくはずがありません。施術を受けないという選択肢もあるのです。古今東西で、自分で行う養生法、健康法は多岐に渡ります。そいったものでほぐすという選択肢もあるのです。施術を受けないという勇気を持つ事も必要です。今施術は必要ですか?

・なるべく予約をして時間の余裕を持って受けて下さい。

時間の余裕が無い状態でセカセカして受けていたらほぐれるものもほぐれません。準備に会計、行き来の時間等を考慮すれば、前後10分ずつの誤差を考慮する必要があります。そう考えると30分のコースでも50分~60分を一日の中から捻出する事になるのですが、時間が無い方は、それだけの時間を行き当たりばったりで決めていたら時間的にもっと追い込まれますよね。

予約来店の場合、まともな施術家であれば、予約時間までの間に今までの施術からの流れで、施術をどのように組み立てるか考えます。この差は大きく、いきなりパッと始める施術よりいいのは明確です。これは予約来店の大きなメリットです。

・自分の目的を明確にして、お店の特色を理解した上で受けましょう。

例えば、あっさり塩ラーメンが好きでそれが食べたいのに、敢えてこってりとんこつラーメンのお店に入って、「脂っこくて不味い」等と言うのはおかしいですよね。特に好みが偏っているような方は要注意です。

日頃の疲れを癒したいだけなのか。改善まで目指すのか。健康より先のより快適な身体を目指すのか・・・お店の特色を理解した上で、自分の目的をはっきりさせてから受けて下さい。 中には自分が施術をしている期間に、他の施術を受ける事へ嫌悪感を示す施術家もいます。 他店で受けている方は、それを確認の上でご来店下さい。

・施術前後の飲酒・喫煙

これは全てを台無しにします。施術の前後の飲酒は危険です。喫煙については、20分後に予約をして、「じゃあ、一服してから行こう。」と煙草を吸うと、一番ほぐれずらい状態で受ける事になります。

・施術中は息を止めず鼻呼吸。力を抜いてリラックス。

口は軽く閉じて、舌先を上の歯の付け根に軽く当てて鼻呼吸をして下さい。これをしなければ、口側に空気が漏れて鼻呼吸がスムーズにできません。身体に圧力がかかった時は息を止めず、なるべく吐いて下さい。施術中は完全脱力です。施術者に腕や足を持ち上げられる時に自分で持ち上げたりせず、施術者に任せましょう。

ページの先頭へ戻る